Author: chen

TinyWebDB log with Graph

TinyWebDBに、センサーデータ収集ログを解析して、画像にした! 表示したのでは、温度(最高、最低)、気圧、バッテリー電圧。 縦方向2軸しかできないから、バッテリーの電圧がみつらい。
Read More

TinyWebDB log with Graph

TinyWebDBに、センサーデータ収集ログを解析して、画像にした! 表示したのでは、温度(最高、最低)、気圧、バッテリー電圧。 縦方向2軸しかできないから、バッテリーの電圧がみつらい。
Read More

WordPressのツール「Press This」

「Press This」とは WordPressの管理画面にログインし [ダッシュボード]→[ツール]→[利用可能なツール]と開きます。 開くと図の様なページが表示されます。 この「Press This」と言うツールを使います。 このPressThis、簡単に言うと、 任意の記事から、掲載したい記事を抜粋して 簡易投稿画面から投稿可能と言う優れものなんです。 Press Thisの使い方 では使い方の解説です。 先ほど開いた画面の図のボタンを ブックマークバーにドラッグ&ドロップで追加します。 次に、掲載したい記事を開きます。   記事の掲載したい部分をドラッグで選択し・・・   先ほど追加した[PressThis]ボタンをクリックします。   自身のブログにログインしていない場合は ログインを促されますのでログインしてください。   別ウィンドウで図の様な簡易投稿画面が表示されます。 引用元もバッチリと追加してくれていますし 投稿ボタン一つでそのままサクっと投稿する事もできるので いちいちコピーして・・・
Read More

Setup TinyWebDB API

WordPressは人気のCMSであり、サーバセキュリティ、パフォーマンスチューニング、スケールアップ、クラウド対応など沢山ノウハウが蓄積された。WordPressに API機能を追加して、クライドとして利用する方法を試み。 WordPressとApp Inventorの連携 App InventorはAndroidのApp作りに簡単な環境である。そのTinyWebDBコンポーネントは、TinyDBのWeb版といったものです。タグをつけてメッセージをサーバーに保存したり、サーバーにタグ名を送信してその値を受け取ったりすることができます。あらかじめTinyWebDBにあわせてサーバー側にプログラムを用意し、そこにアクセスする形で処理を用意しなければいけません。 WordPressは人気のCMSであり、サーバセキュリティ、パフォーマンスチューニング、スケールアップ、クラウド対応など沢山ノウハウが蓄積された。WordPressをWebコンテンツを作るに最適な環境。WordPressサイトは、App InventorのTinyWebDBサービスとして利用できるか? 答えはYes. WordPress に TinyWebDB API WordPressに API機能を追加して、クライドとして利用する方法を試み。 WP-TinyWebDB-APIは、両者の長所を連携し、WordPressをAppInventorのTinyWebDBサービスとして利用するためのAPIを、WordPressのプラグインとして提供したもの。 本章は、WP-TinyWebDB-APIのインストール、Postman を使ってAPIの動作確認, そして第9章のWebデータベースに応用する検証を行う。 WP-TinyWebDB-APIのインストール 公式サイトを利用する FTPツールでtinywebdb-api ディレクトリー全体を WordPress の pluginsフォルダーにコピーして下さい(/wp-content/plugins/). FTP the
Read More

WP- REST-API(v2) Setup

WP4.4 からの WordPress の oEmbed ブログカード埋め込み処理でも一部使われていましたが、wp4.7 からWordPressで REST API が広く有効化されたらしく、試してみる。 まず、プラグインで導入する必要ない、デフォルトで有効になっています。 エンドポイント 試しに、サイトのURLにwp-json/を足して、v1のエンドポイントへアクセスしてみると、たくさんの文字が出力される。 http://xie.mki.biz/wordpress/wp-json/ ここで、Chromeの拡張機能のPostmanを導入して、データを見る v1より大分長くなり、なんだろう。v2から、エンドポイント変わったね! 先人のブログを参照し、Postsだけ見るにと、出力だいぶ減り http://xie.mki.biz/wordpress/wp-json/wp/v2/posts Postmanからデータを見る この画面はなぜかGetのした、Authorizationの表示が出って。認証すると、もっと機能が増える? 認証に関して 認証に関して、v1と変わらないみたい このAPIにおいては、認証にはいくつかの選択肢があり、基本的に以下のように選びましょう。 そのサイトで有効化されたテーマやプラグインから利用するのであれば クッキー認証 デスクトップアプリ、ウェブアプリ、モバイルアプリなどのサイトの外からアクセスするクライアントから API を利用するのであれば
Read More

TinyWebDB API 0.2.2 Release

TinyWebDB API 0.2.2 Released. Release Note Re-write code with oo-calss style. and change from full get_post object to post_content only. WordPress Plugin Download  TinyWebDB API (@WordPress Plugin Directory) AppInventor TinyWebDB
Read More

Free Hostinger Hosting

Hostingerでは、無料、広告なしで容量2000MBのサーバーをレンタルすることが可能です。もしも無料プランが物足りない場合、有料プランに変更することも可能です。ただ、月に100GBの転送量なので、将来有名なサイトやブログになった場合に少ない可能性があります。 その場合は有料プランに申し込めばいいのですが、その時にもっと良いレンタルサーバーが出ている可能性もあるので、独自ドメイン(有料)を取っておくと、サーバーを変えても、そのままのドメインで運営することが可能です。 Hostingerに登録する では、Hostingerに登録してみましょう。まずはこちらのサイトをみてください。 HostingerにWordPressをインストール では、HostingerにWordPressをインストールしてみましょう。 メニューから「レンタルサーバー」を選択し、自分のドメインをクリックすると、自動インストール機能という項目が出てきますので、それをクリックします。様々な項目がありますが、その中からWordPressを選択します。  
Read More